四行広告

幼児の便秘解消に「はぐくみオリゴ」のオリゴ糖をおすすめする3つの理由

投稿日:2017年8月5日 更新日:

赤ちゃんや、子供の便秘に悩んでいるお母さんは多いですよね。我が家の双子の娘も、乳児の頃から便の出が悪く、よく麺棒でグリグリとう○ちを出していました。

 

2歳の頃、公園で遊んでいた時、急に「お腹が痛い」と言ってかがみこみ、泣きだしたことがありました。慌ててそのまま病院へ行き、念のためレントゲンを撮りましょう、ということでレントゲンを撮ったら、便が詰まっていることが判明。腹痛の原因は便秘でした。 

 

また、3歳の時、夜に高熱を出したことがあり、もともと1歳前後の頃からよく熱を出す子だったので、一晩様子をみて翌朝病院へ行こうと思っていたところ、熱に加え、「お腹が痛い痛い!」と言って泣きだすので、熱に腹痛はちょっと怖いなと思い、深夜に救急外来に行ったこともあります。

 

 先生が娘のお腹を触り、一度浣腸をしてみましょう、とのことで浣腸してもらうと、数分後にトイレで多量の便が^_^;。これまた腹痛は熱とは関係なしに、便秘が原因でした。 

 

子供が急に腹痛を訴え、夜間救急外来にくる人は結構多いようですが、子供が腹痛を訴えた場合、多くは便秘が原因だとその時の先生はおっしゃっていました。 でも、娘は1日1度は排便があったのでまさか便秘などとは思いもしませんでした。 

 

そんなこんなで、幾度となく「便秘」に 振り回された私は、娘たちの“う○ち”に敏感になりました。便秘についてあらためて調べてみると、便秘が慢性化することで、腹痛はもちろんのこと、食欲低下や嘔吐、さらには腸閉塞を引き起こすこともあるんですね。

 

病院で先生から「便秘ですよ。」と言われた時は、正直「なんだ、大したことじゃなくてよかった。」なんて思っていたのですが、便秘をあなどってはいけません><。

 

娘が便秘であることにまったく気付けなかった私は、双子の娘が今後は便秘にならないようにしなければ、と反省したのでした。

 

かえで
そんなわけで、今日は現在4歳の双子を子育て中の私がたどり着いた、幼児の便秘解消法についてお話したいと思います。

 

便秘を解消する生活

便秘解消のためには、

・適度な運動

・食物繊維の多い食材を食べる

・水分をしっかりとる

この3つが便秘を防ぐ主な方法です。ですが、幼児の子供だと、意外にこの3つを習慣化するのって難しくありませんか?

 

まず、適度な運動ですが、我が家の場合双子ということもあって、1歳2歳の頃なんて危なかしくて私一人では公園にも散歩にも連れていけませんでした。3歳半くらいになってようやく近場の公園やちょっとした散歩にいけるようになったぐらいです。

 

食物繊維を多く含む食材も、積極的には食べてくれません。水分も、意識して飲んでもらうようにはしてるけど、結局本人の意思というものがあるから、なかなか親の思うようにはいかないんですよね。

 

かえで
正直、毎日の育児にいっぱいいっぱいで、「もっと運動させなきゃ」とか、「もっと食物繊維とらせなきゃ」なんて思いつつも、”思うだけ”になっていました

 

ビフィズス菌で腸内の善玉菌を増やす

ビフィズス菌には、腸内に善玉菌が増えるのを手助けする効能があるため、ビフィズス菌を積極的に摂ることで、腸内が善玉菌優勢になり、便秘の予防になります。

 

ビフィズス菌をとるにはヨーグルトを食べさせればよい。これなら、幼児の子供でも毎日続けられそうです。ビフィズス菌が含まれているヨーグルトもスーパーに行くといろいろ売ってますよね。

ヨーグルトによって入っている菌も違うので、私は3、4種類のヨーグルトをローテンションして買っています。

 

かえで
そして、そのビフィズス菌のエサとなって、腸内環境をより善玉菌優勢へと導いてくれるのがオリゴ糖です。ビフィズス菌と共にオリゴ糖を摂ることで、腸内の善玉菌は活性化するのです。

 

オリゴ糖の効能、効果

オリゴ糖は、腸内のビフィズス菌を育てるのには欠かせない存在です。ビフィズス菌にとって栄養素であるオリゴ糖を摂ることで、腸内には善玉菌が増えます。善玉菌がふえると、

便秘が改善される

免疫力がつく

美肌効果

などの効果をもたらします。

 

かえで
ですが、実はオリゴ糖を摂っていても、損をしてしまう場合があります

 

自分に合ったオリゴ糖でないと意味が無い!?

実は、オリゴ糖は1種類ではありません。なんと20種類くらいあると言われています。そして、すべてのオリゴ糖が自分の体に効くわけではなく、その人その人によって、効果が出るオリゴ糖の種類が違うのです。

例えばこちら、スーパーで売っている商品ですが、左は「ガラクトオリゴ糖」、右は「フラクトオリゴ糖」と書かれています。ちなみにどちらにもオリゴ糖以外に、果糖ブドウ糖液や、人工甘味料などが含まれています。

 

せっかくオリゴ糖を買って、からだに取り入れても、効果がなかったら損しちゃいますよね。ですから、オリゴ糖を摂る時は、複数のオリゴ糖を一緒に摂ることが望ましいのです。

 

幼児の子供の便秘解消に「はぐくみオリゴ」が断然おすすめな理由

こちらが、「はぐくみオリゴ」です。

 

中身は真っ白な粉といった感じ。

 

おすすめの理由その1

無着色、無添加の100%のオリゴ糖である

「はぐくみオリゴ」の原材料名を見てください。

書かれているのは、オリゴ糖の名前だけです。「はぐくみオリゴ」は、着色料も、人工甘味料やお砂糖も、一切含まれていない100%のオリゴ糖なんです。

 

そのため、赤ちゃんも妊婦さんも安心して飲むことができます。

 

おすすめの理由その2

厳選された5種類のオリゴ糖が含まれている

先ほど、オリゴ糖には20種類くらいあって、人によって効果のあるオリゴ糖の種類が違う、と書きました。この「はぐくみオリゴ」には、5種類のオリゴ糖が含まれています。

 

この商品は、「はぐくみプラス」さんが、より多くの人が効果を実感できる種類とその配合にとことんこだわり、何度もモニター調査を行って、失敗を繰り返しながら、予定の販売日より、1年も遅れてやっと商品化したとのこと。結果、最終的にモニター調査で97.2%以上の満足度を得られたそうです。

 

その厳選された5種類が、

・ガラクトオリゴ糖・・・母乳に含まれる成分。ビタミンやミネラルの吸収を促進する働きがある。

・キシロオリゴ糖・・・野菜からわずかだけ摂れる貴重なオリゴ糖。オリゴ糖のなかで最もからだの巡りを整える働きが強い。

・乳果オリゴ糖・・・超低カロリー。からだに吸収されにくいため、からだの奥に潜んでいる善玉菌にも働きかける。甘いけど虫歯菌が好まない成分のため虫歯予防になる

・ビートオリゴ糖(ラフィノース)・・・砂糖大根から絞りとった低カロリーの天然オリゴ糖。

・フラクトオリゴ糖・・・消化・吸収されずにしっかりと善玉菌に届く。乳果オリゴ糖と同様、虫歯菌が好まないので虫歯予防になる。

です。今までに無い贅沢なオリゴ糖です^^。

 

おすすめの理由その3

虫歯予防にもなる

便秘の解消だけでなく、虫歯予防にもなるなんて幼児の子供をもつ親にとってはありがたいです。

 

「はぐくみオリゴ」に含まれている乳果オリゴ糖やフラクトオリゴ糖は砂糖のような甘さがあるけど、虫歯菌が嫌う成分なので、虫歯菌を減らし、虫歯予防になるのです。

 

かえで
以上3点が、幼児のお子さんに「はぐくみオリゴ」をおすすめする理由です^^。

 

毎日ドッサリ出来る話題のはぐくみオリゴ

 

「はぐくみオリゴ」は子供が喜ぶ○○の味!

「はぐくみオリゴ」の味は、綿菓子の味にそっくりです。綿菓子は、ザラメのお砂糖で作りますが、「はぐくみオリゴ」の味は、綿菓子と同じ味がします。だから子供も大好き。

 

ヨーグルトに混ぜて食べるのもおすすめですが、我が家はこの「はぐくみオリゴ」で、飴玉を作って食べさせています。

 

「はぐくみオリゴ」は、水分を含ませると固まる性質をもっています。なので、2~3滴ほどの水をたらし、コロコロと指で転がしながら飴玉を作ることができるんです。

幼児の子供ならちょっとしたおやつにできますよ^^。

 

便秘が解消して体調も良くなりました

3歳の時に、病院で便秘だと言われ、ビフィズス菌とオリゴ糖を意識して食べさすようにしてから、「お腹が痛い」と訴えることもなくなり、便も良く出るのか、娘たちは「3つも出たよー!」なんて教えてくれることもあります^^。

 

そして、腸内環境が善玉菌優勢になって整っているのか、今年に入ってから1度も風邪をひいていません。免疫の70%は腸内で作られていると聞いたので、腸内環境が改善されたことで、免疫力も上がったのだと思います。

 

ちなみに、先日3ヶ月に1度の歯科検診に行ってきましたが虫歯もゼロ!「はぐくみオリゴ」で便秘が解消されただけでなく、免疫力が上がり、虫歯予防にもなっているので今後も続けていこうと思っています。

 

お値段も、けして高くはないので、お子さんが便秘気味のかたは、ぜひ試してみてください^^。初めて購入する方には、毎月先着300名限定で、50%オフのキャンペーンをおこなっていますよ!

 

非常にコスパが良く、口コミで広がった人気商品なので、試してみたい方はお急ぎ下さいね(#^^#)。

 

詳しくは公式ホームページへ

毎日ドッサリ出来る話題のはぐくみオリゴ

関連コンテンツ

関連コンテンツ

記事下 アドセンス

子育て

まこと
子育ての関連記事こちらです

おすすめ記事 TOP 10

葉酸 1

母子手帳にも、摂取の重要性が書かれている葉酸。 でも、妊活をするまで、葉酸なんて知らなかった。 という人が、ほとんどではないでしょうか?     でも、これからお伝えする、   妊活中から、葉酸を摂取 ...

セックスレス 解消法 2

      なぜ、旦那は拒否するのか? 旦那がセックスを拒否するときに使う言い訳で多いのはこの2つです。   セックスレスの夫の拒否理由 第2位 「今日はそういう気分じゃないから・・・またにしよう」 ...

精液量 増やす 3

精液量を増やしたいと思う理由は何でしょうか? 子供を作るため? 精力アップして、ドバっと射精する快感度を上げたいから? 両方実現できます!     contents精液量を増やすことができたサプリ子作 ...

双子 出産 体験記,双子 自然分娩 リスク 4

私が双子を出産した病院は、条件が揃っていれば、双子でも自然分娩で出産を行うという方針の病院でした。   そのため、 私は帝王切開ではなく自然分娩(陣痛促進剤を使用した誘発分娩)で、双子を出産しました。 ...

妊娠検査薬 フライング いつから 5

ママライターのスミ江です。 前回、私の妊娠ジンクスをご紹介しましたが、   今日は1人目と2人目を妊娠したときに使用した、2種類の妊娠検査薬について「いつから反応がでるのか?」 私の体験談をご紹介した ...

子なし夫婦 6

  僕は41歳の会社員。妻も41歳で事務員として働き、結婚20年目になります。   お互いビール好き、野球好きと共通の趣味や考え方が似ている夫婦です。   子なし夫婦生活20年になりますが、夫婦で好き ...

セックスレス 香水,夫婦 セックスレス 解消 7

セックスレスに悩んでいる女性って、意外と多いですよね。   男の人って、要は性欲をどんな形であれ処理してしまえばそれで済むことなのかもしれないけど、女はそうじゃないですよね。   女だって性欲はあるけ ...

人工授精後 腹痛 8

私は双子を体外受精で授かり出産しました。 最終的に体外受精にステップアップするまでに、人工授精を7回行っています。   そのうち1回は、人工授精後に妊娠したものの、妊娠7週で稽留流産になりました。   ...

人工授精 成功確率 30代 9

  私は35歳で妊活を始め、タイミング法では妊娠せず、人工授精3回目で授かりました。   ・人工授精を始めたものの、30代の成功率がどれくらいなのか? ・何回目でできるのか? など、私の不妊治療体験談 ...

流産後 妊娠 10

  私は結婚して9カ月の41歳、マタニティ主婦です。 今日は41歳で高齢妊娠→高齢流産→再び妊娠を経験した、私の流産体験談をお伝えしたいと思います。   私と同じく高齢流産をしてしまった方の、少しでも ...

-子育て

Copyright© べびたん , 2019 AllRights Reserved.