四行広告

流産の兆候はあるの?知っておくべき5つの兆候

投稿日:2017年3月23日 更新日:

流産は、全妊娠の約15%の割合で起こっています。そして流産全体の8割は12週目までの妊娠初期の段階で起こります。確率的には割と多い割合ですが、それでもたいていの人は流産をすることなく、出産にいたるでしょう。

 

ですから、過剰に不安になる必要も、心配する必要もありません。不安な気持ちや心配をしすぎることで、血管が収縮し、母体の血流が悪くなります。

 

赤ちゃんに十分に酸素や栄養を送ることができるようにするために、できるだけゆったりとした気持ちで過ごすことがベストです。

 

しかし、もし次のような症状が現れた場合、それは流産の兆候かもしれません。

 

流産の5つの兆候

 1.不正出血

少量の茶色やピンク色のおりもののような出血や、多量の鮮血の場合もあります。

 

茶色やピンク色の出血の場合は、体内で出血した血がある程度時間が過ぎてから出てきたものです。鮮血の場合は体内で出血した血が時間をおかず、体外に出てきているということです。

 

一般的に、茶色やピンク色の出血よりも、鮮血の出血の方が危険だといわれていますが、必ずしもそうとは限りません。

 

かえで
私自身は、1度目の流産の時は、流産の宣告を受ける前に、ティッシュに少し着くぐらいの少量の茶色い出血がありました。

 

妊娠初期の頃は、流産とは関係なく出血が起こるケースもいくつかあります。切迫流産については『切迫流産!?突然の大出血。それでも赤ちゃんが無事だった訳』の記事をご覧ください。

 

もし、出血が起こった時にはそれが流産の兆候の出血なのかを判断するために、病院を受診してください。

 

 2.腹痛や腰痛、お腹の張り

受精卵が着床し、妊娠が成立すると、子宮は赤ちゃんの成長とともに大きくなっていきます。そのため子宮が引っ張られるような痛みや、チクチクとした痛みを感じることもあります。これらの痛みは断続的には起こらず一時的な症状として現れます。

 

しかし、生理痛のような鈍痛や、締め付けられるような強い痛みが断続的に起こっている場合、流産の兆候の可能性があります。このような痛みは子宮の収縮によって起こる痛みと考えられるためです。

 

かえで
子宮が収縮すると赤ちゃんは苦しくなります。生理の時、子宮の収縮によって子宮内膜が剥がれ、出血がおこることを考えるとわかりやすいかもしれません。

 

一時的に少し痛む程度の腹痛であれば、すぐに病院を受診する必要はないかもしれませんが、もし強い腹痛や腰痛、お腹の張りが断続的に起こっている場合にはすぐに病院を受診してください。

 

 3.つわりが急に軽くなる

つわりの原因は、実ははっきりとは解明されていないのが現状ですが、考えられる原因のひとつにhcg(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)ホルモンの急激な分泌があります。

 

受精卵が子宮内膜に着床すると、絨毛という組織が子宮内膜に根を張りめぐらしながら、胎盤を作っていきます。この時、絨毛からはhcgホルモンが分泌されます。

 

つわりのピークが妊娠8週から10週あたりであるのと、hcgホルモンの分泌量のピークが同じ頃であることからつわりの原因のひとつと考えられているようです。

 

しかし、流産した場合hcgホルモンを分泌する絨毛が働かなくなるために、hcgホルモンの分泌量が減り、つわりが軽くなるのでは、と言われています。

 

 4.赤ちゃんの成長が遅い 

通常、妊娠していた場合、生理予定日が妊娠4週0日で、5週目には超音波で胎嚢が確認でき、6週目には胎嚢も大きくなって赤ちゃんの心拍が確認できます。

 

生理予定日の誤差もありますが、妊娠数週のわりに胎嚢が小さい、また、妊娠8週あたりを過ぎても赤ちゃんの心拍が確認できない場合、流産となる可能性が高いです。

 

 5.卵黄嚢が大きい

妊娠6週目あたりになると、胎嚢の中に胎児と卵黄嚢が確認できます。卵黄嚢とは、赤ちゃんの栄養袋のようなもので、胎盤が完成するまでの間、赤ちゃんは卵黄嚢から栄養をもらいます。

 

赤ちゃんが卵黄嚢から栄養をもらうので、通常卵黄嚢はだんだんと小さくなっていきますが、それが超音波画像で大きくみられた場合、赤ちゃんがきちんと栄養をもらっていないということになり、そのまま流産となる可能性が高くなります。

 

かえで
私は2度目の流産の時は、何も流産の兆候も自覚はできませんでしたが、超音波で診てもらったところ、「卵黄嚢が大きいので流産になるかもしれない」と先生から言われていました。

 

以上、5つの兆候についてお話ししましたが、まったく兆候が出ないまま、突然流産になることもあります。

 

冒頭にも書いたように、必要以上に心配する必要はありませんが、このように流産の兆候を知っておくことでもしもの時に、病院を受診するべきかなど、判断の材料になればと思います。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

記事下 アドセンス

流産

まこと
流産の関連記事こちらです

おすすめ記事 TOP 10

葉酸 1

母子手帳にも、摂取の重要性が書かれている葉酸。 でも、妊活をするまで、葉酸なんて知らなかった。 という人が、ほとんどではないでしょうか?     でも、これからお伝えする、   妊活中から、葉酸を摂取 ...

セックスレス 解消法 2

      なぜ、旦那は拒否するのか? 旦那がセックスを拒否するときに使う言い訳で多いのはこの2つです。   セックスレスの夫の拒否理由 第2位 「今日はそういう気分じゃないから・・・またにしよう」 ...

精液量 増やす 3

精液量を増やしたいと思う理由は何でしょうか? 子供を作るため? 精力アップして、ドバっと射精する快感度を上げたいから? 両方実現できます!     contents精液量を増やすことができたサプリ子作 ...

双子 出産 体験記,双子 自然分娩 リスク 4

私が双子を出産した病院は、条件が揃っていれば、双子でも自然分娩で出産を行うという方針の病院でした。   そのため、 私は帝王切開ではなく自然分娩(陣痛促進剤を使用した誘発分娩)で、双子を出産しました。 ...

妊娠検査薬 フライング いつから 5

ママライターのスミ江です。 前回、私の妊娠ジンクスをご紹介しましたが、   今日は1人目と2人目を妊娠したときに使用した、2種類の妊娠検査薬について「いつから反応がでるのか?」 私の体験談をご紹介した ...

子なし夫婦 6

  僕は41歳の会社員。妻も41歳で事務員として働き、結婚20年目になります。   お互いビール好き、野球好きと共通の趣味や考え方が似ている夫婦です。   子なし夫婦生活20年になりますが、夫婦で好き ...

セックスレス 香水,夫婦 セックスレス 解消 7

セックスレスに悩んでいる女性って、意外と多いですよね。   男の人って、要は性欲をどんな形であれ処理してしまえばそれで済むことなのかもしれないけど、女はそうじゃないですよね。   女だって性欲はあるけ ...

人工授精後 腹痛 8

私は双子を体外受精で授かり出産しました。 最終的に体外受精にステップアップするまでに、人工授精を7回行っています。   そのうち1回は、人工授精後に妊娠したものの、妊娠7週で稽留流産になりました。   ...

人工授精 成功確率 30代 9

  私は35歳で妊活を始め、タイミング法では妊娠せず、人工授精3回目で授かりました。   ・人工授精を始めたものの、30代の成功率がどれくらいなのか? ・何回目でできるのか? など、私の不妊治療体験談 ...

流産後 妊娠 10

  私は結婚して9カ月の41歳、マタニティ主婦です。 今日は41歳で高齢妊娠→高齢流産→再び妊娠を経験した、私の流産体験談をお伝えしたいと思います。   私と同じく高齢流産をしてしまった方の、少しでも ...

-流産

Copyright© べびたん , 2019 AllRights Reserved.