四行広告

夫婦で不妊症。顕微受精で3人授かった、私達夫婦の成功体験談をお伝えします

投稿日:

こんにちは。顕微授精で3人の子供を授かった、サリです。

現在6歳長女、4歳長男、2歳次女の3人の子育てをしています。

23歳で結婚し、それまで勤めていた金融系の会社を退職し家庭に入りました。

 

その後妊活するもなかなか授からず、24歳で不妊外来へ。

そこで診断されたのは、

PCO(多嚢胞性卵巣症候群)という馴染みの無い病名の不妊症でした。

 

この記事は、私が24歳で不妊症を診断され、最終的に顕微受精で3人の子供を授かった体験談です。

 

少しでも不安や悩みを抱えている方のお役に立てればと思います。

 

私達夫婦が、顕微受精にステップアップするまで

初診~不妊症発覚

結婚後、すぐにでも子供を望んでいた私たち夫婦は、自然妊娠を期待して半年間妊活するも授かりませんでした。

 

ちょうどその頃、不正出血などの生理不順も気になっていた私は、あまり深く考えず近所の産婦人科医院を受診。

 

そして、担当医師から、

PCO(多嚢胞性卵巣症候群)による不妊症を告げられました。

 

卵巣にはたくさんの卵細胞があって、平均して月にひとつずつ成熟し排卵します。

 

卵細胞は卵胞という袋に包まれているのですが、PCOの場合、この卵胞が未成熟のまま卵巣内にたくさん出来てしまい、排卵が起こりにくくなる症状のことです。

 

診察の結果、私の場合も無排卵による月経不順がありました。

 

医師から、

今の状態での自然妊娠は極めて難しいです。気長に待つのなら可能性がないこともないですが・・・。

念のため、ご主人の検査もしましょう。

 

となり初診は終わりました。

 

この日は帰宅後、ひとり自宅で泣きました。

23歳で結婚したため、すぐに子供は授かると思っていたし、まさか自分が不妊症だなんて。

 

自然妊娠では授かれない・・・。信じたくありませんでした。

夫から、不妊症に対してどのような反応が返ってくるのかとても不安でした。

 

夫が仕事から帰宅後、診断内容を話し、検査に協力してほしいと伝えました。

夫は泣いていた私に、

おおげさだなぁ

 

と言い、検査に協力してくれることとなりました。

 

後日、夫も不妊治療のため病院に行き、検査をすることになりました。

その結果、

なんと、夫の精子の運動率が低く、自然妊娠は極めて難しいことが分かりました。

 

そして、

夫婦そろって、不妊症と診断されることとなりました。

私たち夫婦の不妊治療はここから始まります。

 

まずは、タイミング療法にチャレンジ

タイミング法は、女性が基礎体温を測り排卵期を予想し、そのタイミングで関係を持ち妊娠を促すものです。

 

でも、私の場合は排卵障害もあったので、ホルモン剤の注射によって排卵をコントロールしました。

注射は肩かお尻が選べたので、私はいつも肩に打ってもらっていました。

 

痛みは採血よりも気持ち痛いくらいです。

しかし、

タイミング療法で2回チャレンジしましたが、いずれも妊娠には至りませんでした。

 

卵管造影検査について

卵管造営検査は、精子の通り道である卵管に詰まりがないかを調べるものです。

 

私は卵管造営検査が、出産より何より痛かったです…。

右の卵管に詰まりがあったので、痛かったようです。

 

サリ:PCO(多嚢胞性卵巣症候群)による無排卵、右卵管の詰まり。

夫:自然妊娠は極めて困難な精子の数値。

医師からは、人工受精でも妊娠の可能性は低いため、人工授精をを飛ばして、体外受精を勧められました。

 

夫が体外受精を拒否

体外受精について夫に打診したところ、

絶対にしたくない!

 

と言われました。

 

人工受精までであれば、自然な妊娠と大して変わらないから受け入れられるけど、体外受精は人の手によって妊娠させるイメージがあって、道徳的に受け入れられないとの意見でした。

 

夫の気持ちも理解できないことはない・・・。

でも24歳にして子供を諦めることができるのか?としばらく悩み、夫婦間もギクシャクしました。

 

そんな時、義母(夫の母)から言われた言葉があります。

どんな経緯であっても、妊娠したならそれは授かりもの。きっと良い子に恵まれるよ。

 

この言葉に勇気づけられ、夫に正直に私の気持ちを話しました。

私はどうしても子供が欲しいの。体外受精に協力してほしいと思ってる。

 

夫の拒絶反応は強く、離婚の話まで持ち上がりました。

 

でも、夫も真剣に考えてくれて、体外受精について数日間、自分なりに調べてみたそうです。

 

夫からは、

治療しても授からない場合もある訳だし、もしそれで妊娠したら、天から授かったと考えることにするよ。

 

結果、夫も納得して不妊治療することになりました。

 

いよいよ顕微授精にステップアップ

私たち夫婦の場合、

2人の不妊状態を考慮して、体外受精と顕微受精の2通りの治療をすることになりました。

 

私から採卵した卵子と夫から採取した精子を合わせても、精子の運動率によっては受精しないだろうと予測されたためです。

 

私の場合、

 

1度の採卵で12個の卵子が採取され、半分の6個を体外受精。

もう半分の6個を顕微受精にしましょう。

 

 

と医師から告げられました。

体外受精、顕微授精にかかった費用

病院によって、細かい規定や費用の設定があります。

 

治療方針を相談する際に、費用についても分からない点は確認しておくと良いと思います。

 

私達夫婦の体外受精、顕微授精にかかった費用をお伝えします。

 

ホルモン剤の注射

注射は病院によって多少違いはあると思いますが、1本1,000円~1,500円程度でした。

採卵に向けてホルモンの数値を安定させるために、毎日出来るだけ同じ時間帯に注射を受けに病院に通いました。

 

採卵と顕微受精

私が通っていた病院では、採卵回数によって費用が変わります。

3回までの採卵で150,000円。

採卵が4回目以降は80,000円です。

 

顕微受精の場合は、さらに追加で費用がかかります。

顕微受精を行う個数によって費用が変わり、我が家は6個でしたので40,000円の追加でした。

 

胚移植

採卵し受精した受精卵を子宮に戻す費用が、50,000円でした。

もし移植可能な受精卵が複数ある場合、残りは凍結してもらい、今後また子宮に戻したい時に融解して戻します。

凍結する受精卵の個数によって費用は変わりますが、私の場合4個で40,000円でした。

 

妊娠成功報奨料金

胚移植後、妊娠9週で胎児の発育が良好な場合で300,000円でした。

注射から始まり、採卵~妊娠成功まででおよそ600,000円。

 

この他に、もし採卵できなかった場合は30,000円。

受精しなかった・胚移植できなかった場合は、50,000円などが細かく費用設定がありました。

 

体外受精を受けることが何十万もかかるというわけではなく、治療して妊娠が順調に継続した場合に成功報酬として支払うことになります。

 

凍結胚移植

1度に多くの受精卵ができた場合、凍結させておく方法もあります。

受精卵の凍結維持料金が年間20,000~40,000円ほど必要です。

 

2歳差、3歳差で妊娠を望む場合、また採卵からスタートすることは精神的にも金銭面でも負担になります。

我が家は1人目の治療の際、凍結させておいた受精卵で、2人目、3人目を授かりました。

 

凍結胚を移植可能な状態に融解するのに20,000円。

融解した後の胚移植に50,000円。

 

これも妊娠成功報奨料金があり、妊娠9週で胎児の発育が良好な場合で150,000円でした。

2人目、3人目の時は、注射も含めてそれぞれ250,000円ほど支払ったことになります。

 

顕微受精までの詳細

採卵まで

採卵するにあたり、まずは体から排卵を促すための準備に取り掛かります。

多くはホルモン剤の注射(排卵誘発剤)のため、採卵まで毎日病院に通うことになります。

 

私の場合、特に副作用はありませんでした。

筋肉注射は痛いと聞きますが、採血の痛みとあまり変わりはなかったように感じます。

 

採卵日について

ホルモン剤の注射に通いつつ、内診で最も採卵に適した採卵日を決めます。

採卵日に合わせて夫の精子を病院に持参します。

 

病院に到着したら、まず手術着のようなものに着替え、内診台の上で看護士さんに下腹部の剃毛や消毒を行ってもらいます。

顕微授精 成功

採卵は全身麻酔で行われるため、麻酔薬を入れる点滴用の針を入れました。

ここまでで痛いことはほぼ無く、点滴の注射くらいです。

 

医師から全身麻酔の説明を受け、

じゃあ麻酔入れますね。

 

の医師の声で私は眠ってしまい、看護士さんに名前を呼ばれて目を覚ました時には採卵は済んでいました。

 

採卵後は生理痛のような痛みと、多少の出血があると事前に説明がありました。

でも、特に痛みも感じず、麻酔が完全に切れてから自分で着替えることも出来ました。

 

受精確認

採卵の翌日、受精確認のため来院します。

私の場合、一度の採卵で採取できた卵子は12個でした。

 

半分は体外受精、もう半分は顕微受精を行ったところ、子宮に移植可能な受精卵は全部で4つでした。

1つは2~3日後に移植することになり、残りの3つは凍結してもらうことになりました。

 

移植とその後の体調の変化

順調に育った受精卵を子宮に戻します。

採卵の時と同じ内診台に座り下腹部の消毒を行います。

 

細い管のようなものを膣内に入れ、その管を通して受精卵を子宮に戻しました。

本当に入ったの?

 

と思うほど何の違和感も変化もなく、あっという間に終わってしまった印象でした。

 

その後1週間後の妊娠判定までの様子ですが、病院からも普段と変わらず過ごすように指示がありました。

私の場合は安静にしていたとか、出来るだけ横になっていたということはありません。

 

体調も特に変化もなかったので、通常通り家事をしたり、出かけたりして過ごしました。

でも、やはり待ちきれず、市販の妊娠判定薬を使ってフライング気味に妊娠を知りました。

 

その後。きちんと病院でも妊娠成功を診断してもらい、妊娠9週まではホルモン剤の注射で、体内のホルモンバランスを調整しました。

 

幸いなことに、私は採卵からすべて1度目での妊娠成功でした。

また、初回の採卵で複数の受精卵ができ、凍結させていたため、2人目3人目もそれぞれ2歳差で妊娠・出産に成功しました。

 

3人の子供たちを授かるにあたってかかった費用は、100万円以上です。

顕微授精 成功

1度は妊娠を諦めようと思っていた私たち夫婦ですが、義母の言葉に後押しされ、勇気を出して治療をして本当に良かったと思います。

 

これから不妊治療を受けられる方へ

初めて不妊外来に行く時、とても勇気がいると思います。

私達夫婦のように、想像もしていなかった不妊症が発覚するかもしれません。

 

でも、私達夫婦は2人とも不妊症と診断されましたが、3人の子供に恵まれ幸せな毎日を送ることができています。

 

あたなも不安や分からないことは専門の医師に相談して、是非、自分に合った治療をみつけてもらえたらなと思います。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

記事下 アドセンス

不妊治療

まこと
不妊治療の関連記事こちらです

おすすめ記事 TOP 10

葉酸 1

母子手帳にも、摂取の重要性が書かれている葉酸。 でも、妊活をするまで、葉酸なんて知らなかった。 という人が、ほとんどではないでしょうか?     でも、これからお伝えする、   妊活中から、葉酸を摂取 ...

セックスレス 解消法 2

      なぜ、旦那は拒否するのか? 旦那がセックスを拒否するときに使う言い訳で多いのはこの2つです。   セックスレスの夫の拒否理由 第2位 「今日はそういう気分じゃないから・・・またにしよう」 ...

精液量 増やす 3

精液量を増やしたいと思う理由は何でしょうか? 子供を作るため? 精力アップして、ドバっと射精する快感度を上げたいから? 両方実現できます!     contents精液量を増やすことができたサプリ子作 ...

双子 出産 体験記,双子 自然分娩 リスク 4

私が双子を出産した病院は、条件が揃っていれば、双子でも自然分娩で出産を行うという方針の病院でした。   そのため、 私は帝王切開ではなく自然分娩(陣痛促進剤を使用した誘発分娩)で、双子を出産しました。 ...

妊娠検査薬 フライング いつから 5

ママライターのスミ江です。 前回、私の妊娠ジンクスをご紹介しましたが、   今日は1人目と2人目を妊娠したときに使用した、2種類の妊娠検査薬について「いつから反応がでるのか?」 私の体験談をご紹介した ...

子なし夫婦 6

  僕は41歳の会社員。妻も41歳で事務員として働き、結婚20年目になります。   お互いビール好き、野球好きと共通の趣味や考え方が似ている夫婦です。   子なし夫婦生活20年になりますが、夫婦で好き ...

セックスレス 香水,夫婦 セックスレス 解消 7

セックスレスに悩んでいる女性って、意外と多いですよね。   男の人って、要は性欲をどんな形であれ処理してしまえばそれで済むことなのかもしれないけど、女はそうじゃないですよね。   女だって性欲はあるけ ...

人工授精後 腹痛 8

私は双子を体外受精で授かり出産しました。 最終的に体外受精にステップアップするまでに、人工授精を7回行っています。   そのうち1回は、人工授精後に妊娠したものの、妊娠7週で稽留流産になりました。   ...

人工授精 成功確率 30代 9

  私は35歳で妊活を始め、タイミング法では妊娠せず、人工授精3回目で授かりました。   ・人工授精を始めたものの、30代の成功率がどれくらいなのか? ・何回目でできるのか? など、私の不妊治療体験談 ...

流産後 妊娠 10

  私は結婚して9カ月の41歳、マタニティ主婦です。 今日は41歳で高齢妊娠→高齢流産→再び妊娠を経験した、私の流産体験談をお伝えしたいと思います。   私と同じく高齢流産をしてしまった方の、少しでも ...

-不妊治療
-, ,

Copyright© べびたん , 2018 AllRights Reserved.