四行広告

男性不妊の僕でも子供を授かった。タイミング法~人工授精までの詳細

投稿日:

男性不妊が発覚したヨウです。

僕は35才、3歳の息子と31才の妻がいます。

息子を授かるまでに、産婦人科でタイミング指導を受けていました。

 

現在は、2人目の妊活真最中。タイミング指導を経て人工授精に挑戦中です。

 

我が家が不妊治療を行った理由は、僕の男性不妊が原因です。

 

今回は、まだまだ認知度の低い、男性不妊に関する情報を詳しくご紹介していきます。

 

妻ではなく、僕の男性不妊が原因だった!

結婚をして、本格的な妊活をしなくても、自然に赤ちゃんを授かる日が来るものだと思っていました。

 

しかし、1年経っても全く妊娠する気配がありません。

 

それでも、まだ授かるだろうという気持ちもあり、基礎体温や排卵検査薬を使用して、妊活を再スタートしました。

 

半年ほど過ぎた頃、妻は、

1年半、妊活をして妊娠できないのは何か原因があるんじゃない?

 

焦りと不安を感じ、産婦人科へ受診に行きました。

 

それでも僕は、全く焦りを感じていなかったので、

病院へ行くのはやりすぎでは?

とさえ思っていました。

男性不妊 人工授精

この時点で妊娠できていないのは、明らかに不妊治療が必要と今ではわかります。

でも、多くの男性は僕と同様、いつかは自然にできるんじゃない?と心のどこかで思っています。

 

通院していた産婦人科は、不妊治療を専門に扱った病院ではなかったため、あまり詳しい検査は行っていませんでした。

 

産婦人科で検査した詳細はこんな流れです。

 

まず、十分なホルモンがあるかの血液検査を行い、排卵日付近には超音波を使って卵胞チェックをしました。

 

そして、タイミングの指示を受けた次の日に、再度病院を受診。

フーナーテストといって子宮頚管内にどれだけの量の精子がいるのか、動きはどうなのかを粘液を採取してチェックをする検査をします。

 

この検査をクリア出来ない場合に、精液検査をする必要がありました。

 

僕がクリア出来なかった検査が、このフーナーテストです。

 

後日、

精液検査をしなくちゃいけなくなったよ・・・

 

妻が指定のプラスチック容器を自宅に持って帰ってきました。

 

精液検査は、病院に出向いて直接院内で採取する方法もありました。

 

でも、仕事が忙しく病院へ行く事が出来ませんので、出勤前に採取して妻に病院に届けてもらうという方法を選びました。

 

採取した精子は、3時間以内に妻が下着の中に入れて持参したようです。

体温に近い温度での保管が最も最適とのことでした。

 

1週間ほどでしょうか、結果が出たようで検査結果をもらいました。

 

結果は、基準値のギリギリラインという判定。

 

当時の僕は、正直言って自分の精子の検査結果なんか見たくない!という気持ちが強く、具体的な数値まではっきり覚えていません。

しかし、検査の基準値自体が、自然妊娠が出来る下限ライン。

 

その最低ラインの基準値にも満たない項目もありました。

 

つまり、不妊の理由は僕の男性不妊が原因でした。

 

それでも、たまたま調子が悪かっただけだ!と勝手に言い聞かせ、思い込んでいました。

 

 

もし、今の僕であれば、もう少し男性不妊を改善する努力をしたかもしれません。

こんな努力をして、授かったかたもいるようです。

関連記事

 

妊娠ラインギリギリの僕。タイミング法で、妊娠できるまでに要した時間は・・・

僕の男性不妊気味の検査結果が発覚してからも、タイミング指導を続けました。

 

人工授精や体外受精へステップアップの提案も医師からありましたが、この時は、タイミング法を選択しました。

 

理由は、

病院を転院しなくてはいけない事。

共働きをしていたので、通院の負担が増えることを避けたかった。

 

タイミング指導では、基本的に排卵日前1週間ほどから妻の通院が始まります。

 

超音波を使って卵胞チェック、排卵直前と予想された日に医師から夫婦生活の指示が出ます。

 

タイミングをとる。

翌日にフーナーテストを受ける。

を繰り返します。

 

費用は健康保険適応ですので、1カ月に3~5回程の通院をしても1万円いかないくらいです。

 

そして、ちょうど1年ほど経った頃、第1子の妊娠が分かりました。

 

妊娠するまでの1年は本当に長く大変でした。

 

病院に通院していた妻は、体力的にも精神的にも追い込まれていたと思います。

 

僕は通院をしていませんが、やはり精神的プレッシャーが強かったです。

 

妊娠したいと思ってから、2年半かかりました。

男性不妊をタイミング法で乗り切ろうと思うと、本当に長い月日がかかります。

 

2人目不妊。タイミング法から人工授精へステップアップ

息子の子育ても少し落ち着いてきたので、2人目の妊活をしよう!となりました。

 

1人目を妊娠するまでに2年半がかかった事と僕の男性不妊があったため、最初から病院でタイミング指導を受けました。

 

今回は、ステップアップを見越して、不妊治療に強い産婦人科を選びました。

 

今回の病院も1人目の病院同様、卵胞チェックと夫婦生活の指示をしてくれます。

 

しかし、やはり半年を過ぎても、全く妊娠する気配がありませんでした。

 

そのため、卵管造影検査や精液検査をしました。

 

検査の結果、妻側の問題は何もなく、

やはり、僕の精液検査がクリア出来ませんでした。

男性不妊 人工授精

今回は、

1年半前より、年齢が上がっている事も関係しているのか、基準値に全く満たない結果でした。

 

ショックでした・・・

 

担当医からは、ストレートな言い方ではなく、

あまりいい結果ではないね、自然妊娠(タイミング指導)では時間がかかるね。

 

といった間接的な表現でした。

 

そして、人工授精へのステップアップを決断しました。

 

現在、人工授精を4回受けていますが、この治療も大変なのは女性側です。

 

妻の私から、人工授精の流れを説明しますね。

 

人工授精日を決めるために排卵前に2、3度卵胞チェックを受けます。

 

そして、人工授精当日の朝に採取した精液を持参し、精子の調整をしてから人工授精を受けます。

 

管を使って、直接元気な精子だけを子宮内に送り込むのですが、ほとんど痛みはなく5分程度の処置で済みます。

 

そして、確実に排卵をするようにホルモン注射を打って終了です。

 

精子の処理をする際には、毎回精液検査をします。

 

精液検査の結果です。(毎回ムラはあります)

総精子濃度が400万~1500万程度。

運動精子濃度が200万~500万程度。

運動率が20%~50%の間。

 

この結果だと、人工授精でも望みはそれほど高くはない状態だそうです。

 

担当医は、

結果が悪くても、妊娠するときはするよ

という考えがあるようです、諦めずにチャレンジしています。

 

人工授精にかかる費用は、卵胞チェックやホルモン注射は保険適応で、人工授精のみ実費です。

 

人工授精だけでも1万7千円程かかりますので、保険分を合わせると1カ月約2万円の費用がかかります。

 

人工授精で妊娠が期待出来る回数は6回くらいです。

 

と医師から言われています。

 

残り2回、もちろんチャレンジするつもりでいます。

 

でも、もしダメだった場合は、体外受精へのステップアップをするつもりです。

 

体外受精であれば、タイミング指導や人工授精よりも妊娠する可能性が高くなります。

 

1回にかかる費用は40~50万と高額です。

 

でも、

歳をとってからやっぱり挑戦しておけばよかった・・・

と後悔だけはしたくないので、出来る事はどんどんチャレンジしていきたいと思っています。

 

まとめ

夫婦のどちらかに不妊に関する問題がある場合、妊娠するまでに時間がかかります。

 

僕達夫婦の場合は、男性側の僕が原因でした。

 

昔は不妊=女性というイメージがありましたが、最近では男性不妊という言葉も増えてきました。

 

しかし、それでもまだまだ認知度が低く、女性ばかりに負担がかかっているような気がします。

 

男性不妊を完治する薬や方法は、まだ、見つかっていないようです。

 

でも、人工授精や体外受精、顕微授精などの方法で妊娠する可能性を高めることはできます。

 

不妊治療自体、決して恥ずかしい事でも悪い事でもありません。

 

結婚して1年妊活をしていて、なかなか妊娠できないという方は、積極的に病院へ相談に行く事をオススメします。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

記事下 アドセンス

不妊治療

まこと
不妊治療の関連記事こちらです

おすすめ記事 TOP 10

葉酸 1

母子手帳にも、摂取の重要性が書かれている葉酸。 でも、妊活をするまで、葉酸なんて知らなかった。 という人が、ほとんどではないでしょうか?     でも、これからお伝えする、   妊活中から、葉酸を摂取 ...

セックスレス 解消法 2

      なぜ、旦那は拒否するのか? 旦那がセックスを拒否するときに使う言い訳で多いのはこの2つです。   セックスレスの夫の拒否理由 第2位 「今日はそういう気分じゃないから・・・またにしよう」 ...

精液量 増やす 3

精液量を増やしたいと思う理由は何でしょうか? 子供を作るため? 精力アップして、ドバっと射精する快感度を上げたいから? 両方実現できます!     contents精液量を増やすことができたサプリ子作 ...

双子 出産 体験記,双子 自然分娩 リスク 4

私が双子を出産した病院は、条件が揃っていれば、双子でも自然分娩で出産を行うという方針の病院でした。   そのため、 私は帝王切開ではなく自然分娩(陣痛促進剤を使用した誘発分娩)で、双子を出産しました。 ...

妊娠検査薬 フライング いつから 5

ママライターのスミ江です。 前回、私の妊娠ジンクスをご紹介しましたが、   今日は1人目と2人目を妊娠したときに使用した、2種類の妊娠検査薬について「いつから反応がでるのか?」 私の体験談をご紹介した ...

子なし夫婦 6

  僕は41歳の会社員。妻も41歳で事務員として働き、結婚20年目になります。   お互いビール好き、野球好きと共通の趣味や考え方が似ている夫婦です。   子なし夫婦生活20年になりますが、夫婦で好き ...

セックスレス 香水,夫婦 セックスレス 解消 7

セックスレスに悩んでいる女性って、意外と多いですよね。   男の人って、要は性欲をどんな形であれ処理してしまえばそれで済むことなのかもしれないけど、女はそうじゃないですよね。   女だって性欲はあるけ ...

人工授精後 腹痛 8

私は双子を体外受精で授かり出産しました。 最終的に体外受精にステップアップするまでに、人工授精を7回行っています。   そのうち1回は、人工授精後に妊娠したものの、妊娠7週で稽留流産になりました。   ...

人工授精 成功確率 30代 9

  私は35歳で妊活を始め、タイミング法では妊娠せず、人工授精3回目で授かりました。   ・人工授精を始めたものの、30代の成功率がどれくらいなのか? ・何回目でできるのか? など、私の不妊治療体験談 ...

流産後 妊娠 10

  私は結婚して9カ月の41歳、マタニティ主婦です。 今日は41歳で高齢妊娠→高齢流産→再び妊娠を経験した、私の流産体験談をお伝えしたいと思います。   私と同じく高齢流産をしてしまった方の、少しでも ...

-不妊治療
-, , ,

Copyright© べびたん , 2019 AllRights Reserved.